FP資格のための学習法

FP資格の予備校と通信講座のコストを比較

予備校と講座のコストを比較 これからFPの資格を取得しようとしている方がいるはずです。
仕事の幅を広げることができるので、取得してみる価値は大いにあります。
1級を取得して独立した人だと1000万円を超える収入を得ている人もいます。
FP資格の対策は予備校と通信講座の2つの選択肢があります。
市販のテキストだけで勉強をする方もいるようですが、効率よく勉強することを考えたら予備校や通信の利用が望ましいです。
コストを比較すると予備校は数十万円かかってしまいますが、通信講座だと5万円~10万円くらいに抑えることができます。
予備校はコストがかかってしまいますが、講師が分かりやすく教えてくれますし、分からないことがあれば気軽に質問して解決することができるメリットがあります。
近年は通信講座もかなり良くなっていますが、独自のノウハウを持っている予備校の方がやはり優れています。
お金をあまりかけたくない方にはおすすめできませんが、予備校で学んだ方が確実です。

FP資格の予備校と通信講座の教材を比較

FP資格の予備校と通信講座の教材を比較 FP資格を取ろうと考えている方が結構いるかと思われます。
保険会社や金融機関で使える資格ですし独立して仕事もできるので、取得してみるメリットは大いにあります。
そこで、予備校と通信講座の教材を比較して見ていきます。
市販のテキストだけで勉強する選択はおすすめできません。
3級であれば受かりますが、1級や2級は市販のテキストだけでは不十分です。
予備校は独自のノウハウがあるので、かなりクオリティの高いテキストになっています。
テキストに加えて講師も優れているので、お金をかける価値があります。
通信講座は近年クオリティが高くなっており、テキストだけでなくDVDやWEB講義といった教材があります。
昔は予備校一択でしたが、最近の通信講座はどんどん魅力的なものになっているので、合格率もアップしています。
FPを取得するための対策は予備校と通信講座があるので、どちらが自分に適しているかをよく考えて選んでみてください。