FP資格のための学習法

FP通信講座のメリット

FP通信講座のメリット FPの通信講座を有効に利用すれば、短期間で合格ができる時代です。金融商品の取り扱いや顧客の資産形成の助言などを行う仕事ですが、プロのFPになる道は険しいです。通信講座のメリットは、自宅で本格的な知識を学び、合格するために適した教材を有効活用し、合格点まで引き上げます。FPの資格取得後は、金融関係の仕事の幅が広がり、新たな仕事への探求心も芽生えます。
通信講座教材の付属DVDで効果的に学べます。目と耳を同時に使用することで記憶力も上がり、覚えやすくなります。何より時間の短縮にもつながります。資格の専門学校へ通うのが一番ですが、働いている方は時間が取れなかったり、さらには予算の問題もあります。平均で5万円代から10万円代で勉強できるので有効活用すれば、場所は関係なく合格できる可能性が高まります。基礎的知識が何より大事です。3級、2級を短期間で合格することを念頭に置いて、どの講座が自分に適しているかを調べましょう。その先に難関の1級があるので、地道に勉強したい方にお勧めです。

FP通信講座のデメリット

FP通信講座のデメリット FP通信講座は自由な時間に場所を選ばす好きなだけ学習することができる反面、後回しにしてしまうことで送られてくる教材やプリントあるいは課題といったものが溜まっていってしまうことがあります。そのため徐々に学習する意欲を失ってしまい当初の目的を達成することができないといったデメリットがあります。さらには自宅などで1人で学習することがほとんどですので通学生とは異なり、学習内容で困ったことなどを同じ目標を持つ仲間などに相談することが難しいこともデメリットといえます。またきちんと学習スケジュールを立てて管理していかなければどんどん学習が遅れてしまうことにもつながります。
このようにFP通信講座を利用することで生じるデメリットはいくつかありますが、なかにはインターネットを用いて画面上で情報交換を行うことのできる通信講座も用意されているので、自分の個性や価値観などを考慮して最適な学習方法を検討するのがよいでしょう。