FP資格のための学習法

FPの通信講座で身につくスキルとは

FPの通信講座で身につくスキルとは FP(ファイナンシャル・プランナー)は、お金に関する専門家で別名“家計のホームドクター”とも言われています。
FP通信講座では、金融庁で定められている「最低限身に付けるべき金融リテラシー」4分野15項目(家計管理・生活設計・金融知識及び金融経済事情の理解・外部の知見の適切な活用)に加えて、税金・不動産・相続を学ぶことができます。身につくスキルの内容は私たちの生活に直結したものも多く、主婦が家計のために勉強することで役に立ったり、社労士や税理士が他の資格と合わせて持つことで仕事において相乗効果を得られます。金融機関、保険会社、不動産会社、保険会社、住宅メーカーなど様々な分野で活かすことができます。
言われるままに買ってしまった金融商品や組んでしまったローンを見直し、人生設計を考え直すことができるようになるでしょう。自分のためから友人、知人、会社のために幅広く活躍することができます。
お金は一生ついてまわる問題です。お金に関する正しい知識と情報を得ることで、お金に関する不安を解消することができます。

FPの通信講座で身についたスキルが活きる職種とは

FPの通信講座で身についたスキルが活きる職種とは FPとはファイナンシャルプランナーの略語で、お金に関することのプロフェッショナルのことですが、その領域は多岐にわたります。保険、資産運用、不動産、税金など、取り扱う範囲が広いため、取得するのが難しい資格としても知られています。
現在では通信講座でもFPの勉強をすることができます。FPの資格を無事に取得した場合、どのような職種に活かせるのでしょうか。やはり、お金に関する知識ですので、金融系の職種に就くのが有利です。保険会社、証券会社、銀行、不動産会社などです。お金に関する知識という側面から、税理士事務所などでも知識を活かすことができます。
また、知識がひとつの分野だけではないので、どの職業についてもほかの分野の知識も活かせます。たとえば証券会社の場合、扱うのは株や投資信託ですが、税金の知識があることでお客さんからの相談にものることができ、節税対策の話からさらに大きな仕事につながることもあるのです。